北アルプス9 鏡平山荘へ1

21日
三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~双六小屋~鏡平山荘

b0276758_15203160.jpg
(三俣峠から三俣蓮華岳を見上げて)




今朝も4時過ぎに外に出て、空が明るくなるのを見ながら化粧します
フェイスカバーで顔は見えなくなりますが、塗っておかないと大変なことに!
山を下りてみたら、日焼け止めも塗っているのに、かなり焼けてました
b0276758_15151080.jpg


4時45分  朝食です
今朝も子供たちがお手伝いをしてました~感心^^
b0276758_15173040.jpg


準備して今日も出発しましょう~
いいお天気です


周りの山は陽が当たって明るくなっていますが、山荘はまだ山影になっています
b0276758_15175119.jpg



b0276758_15180162.jpg



テント場を通り過ぎて、三俣蓮華岳方面へ向かいます
b0276758_15182298.jpg


b0276758_15183816.jpg



b0276758_15184842.jpg




今日も槍ヶ岳を見ながらの山歩きです
b0276758_15190199.jpg



きれいですね
b0276758_15191114.jpg


まずは見えてる三俣蓮華岳へ
b0276758_15192280.jpg


三俣峠で、三俣蓮華岳へ行く道と双六小屋へ行く巻道とに分かれます
b0276758_15201938.jpg



お花がたくさん咲いてるところから登っていきますよ(トップの画像)


お花はきれいだけど、登山道は岩だらけ
b0276758_15485548.jpg




三俣蓮華岳 2,841.4m 山頂到着
b0276758_15451395.jpg



山頂、結構広いです


ここでコーヒータイム
b0276758_15452119.jpg


b0276758_15453245.jpg


黒部五郎岳、水晶岳、槍ヶ岳など周りの山々がとてもきれいです
緑に雪渓の白のコントラストが抜群です



次は丸山を通って双六岳です
b0276758_15453739.jpg



b0276758_15454849.jpg


この尾根道をずっと向こうの双六岳まで行きます
b0276758_15455739.jpg


丸山のあたりはなだらかで、こんな山道が一番好きです(^^;)
b0276758_16151367.jpg



b0276758_16154294.jpg



そしてまたアップダウンを繰り返し
b0276758_16161336.jpg


中道ルートの分岐です
ここを下りれば双六岳には登らす双六小屋へ行けます
b0276758_16164255.jpg



さぁ~もう少し頑張りましょう
b0276758_16171304.jpg


ここを登りあがって
b0276758_16174248.jpg



双六岳 2,860.4m 山頂到着です
b0276758_16181483.jpg


広~い大地に登山道が真っ直ぐ延びて、槍の穂先へ届きそうです
そういえば、テレビで”天空の滑走路”って言ってましたねぇ~
b0276758_16260773.jpg


今回の山旅はこの双六岳が最後の名のあるピークです


ゆっくりと味わって下りましょう


”天空の滑走路”を歩き、その先の左手から下りていきます


振り返って見上げてみます
b0276758_16263790.jpg



もう少し進むと、巻道との合流地点です
b0276758_16272770.jpg


そこから急坂をどんどん下りて
双六小屋が見えました
b0276758_16273592.jpg

双六小屋 2,549m
b0276758_16274046.jpg


ここでお昼ごはんにしましょう
カルビ丼(¥1,000)
b0276758_16274528.jpg


ここは水が豊富なんですね
飲み物を水で冷やしてます

生ビールもありますよ~
途中から一緒の行程で、抜きつ抜かれつのおじさま5人組
ここで早速 生ビールを飲んでますよ
まだ早くない? 鏡平まで行きますよ!
「もう後は下るだけだから~」って
いえいえ、ところがこれからまだ登るんですよ~(^^;)


若い子たちは大きなザックを背負って西鎌尾根を槍ヶ岳から下りてきます

そんな光景をみながら、さて出発です






[PR]

by budounosizuku | 2018-08-08 20:20 | '18 折立~雲の平~新穂高~北アルプス | Comments(0)  

<< 北アルプス10 鏡平山荘へ2 北アルプス8 三俣山荘へ2 >>