北アルプス8 三俣山荘へ2

ワリモ北分岐からワリモ岳、鷲羽岳へと進みます

b0276758_13265648.jpg
(三俣山荘付近から見る 鷲羽岳)






今にも崩れてきそうな岩がごろごろ重なってる山頂付近の ワリモ岳

慎重に足を運びます
b0276758_14303777.jpg

ワリモ岳山頂の碑は斜面の細い登山道途中に建っているので、取り合えず写真だけ撮って先へ行きます
岩を少し登って山頂へ行けるのですが、ほんの少し高くなるだけなのでパス
b0276758_14310711.jpg



その先も慎重に進まないと滑落しそうです


下の方でテレビの撮影でしょうか?  インタビューされてる人がいますね
b0276758_14313787.jpg

下りていきます


b0276758_11333645.jpg


滑らないように

振り返ると、まだインタビューは続いてます
カメラやマイクを持ってこんなところまで取材に来るのだから、大変ですね
b0276758_14321321.jpg



下って、今度は鷲羽岳へむけて登っていきます
b0276758_14324339.jpg

キツイんだけど、この稜線は景色が良すぎて、頑張り甲斐があります



ここを抜けて行けば~
b0276758_14331385.jpg


鷲羽岳 2,924m 山頂到着です
b0276758_14334272.jpg



鷲羽池も綺麗です
この池を見たかった!  槍ヶ岳もちゃんとず~っと穂先を見せてくれてます
b0276758_14341393.jpg



鷲羽岳山頂でじっくりと、そして何とも言いようのない充実感を味わいます
自分の足で歩いてきたことがもたらしてくれる感情なのかもしれません
大自然の中にポツンと置かれた自分   
周りに人はたくさんいるけど、自分の世界に入り込む、寂寞や寂寥と言った物寂しい孤独感とは全く違う ひとりの世界

歩いて来てよかった~



鷲羽岳からの下りも小石がごろごろの滑りやすい道です
気を付けて下りましょう

今日のお宿 三俣山荘も見えてますね
b0276758_14344390.jpg




b0276758_12521817.jpg




振り返ってみると、だいぶ下りてきました
b0276758_12522384.jpg


でも、まだまだ
b0276758_12523150.jpg


もう少しです
b0276758_12524568.jpg


三俣山荘 2,546m 到着です
b0276758_12525070.jpg



受付して、まずは食堂でお昼ごはん
ここには小さい男の子と女の子のスタッフがいます
オーナーの子供さんだとか


食堂は2階にあって、ランプ仕立てのライトやコーヒー用のサイフォンなど
山小屋の雰囲気をかもしだしています
b0276758_12525942.jpg

食堂全体を写したかったけど、たくさんの人がいたので・・・
みなさん、ビールを飲みながらお喋りしてます

外階段から上がってきたドア越しに、槍ヶ岳が見えます
b0276758_12530386.jpg


この槍ヶ岳を見ながら オムライス(¥1,300)をいただきます
b0276758_12530774.jpg



昼食も終わり、身体を拭いたりして外へ出ます

ワリモ岳付近で取材していたテレビクルーも下りてきてました
b0276758_13014105.jpg


百名山かなにかの撮影かと思いきや、「情熱大陸」の撮影だそうで、三俣山荘のオーナー 伊藤さんに密着しているのだそう (8月5日 放送)

みなさん、色々インタビューされてましたよ
私もあやうく・・・いえ、申し訳ないけどお断りしました^^;


山荘前のテーブルも陽が当たれば暑くて、日陰にいます

山の様子も刻々と変化

こんな時間が持てる贅沢さ


鷲羽岳を見上げて(左端に山荘の屋根が)
b0276758_13554655.jpg


夕食は2階の食堂で
ジビエのシチュー
b0276758_13015193.jpg



夕食の後は山荘前で夕暮れを待ちますが、今日は雲が広がってダメなようです

オレンジ色にはなりましたが

b0276758_13561484.jpg

今日も早寝


夜中、小さい窓からくっきりとした 北斗七星が見えて感激!

よかった~♪






[PR]

by budounosizuku | 2018-08-07 20:35 | '18 折立~雲の平~新穂高~北アルプス | Comments(2)  

Commented by 豊津の信ちゃん at 2018-08-08 15:13 x
こんにちは。
鷲羽岳、カッコイイ山ですよね。
岩越乗越から雲の平山荘へ。翌日はまた登り返して岩越乗越から鷲羽岳へ。その時に同行のお友達が感激して泣き出しました。「連れてきてくれて有り難う!こうしてアルプスを歩けるなんて~~」同じ心境だったのですねぇ~~
みんなで感激の鷲羽岳山頂でした。
三俣山荘でカレーを食べ、サイフォンで入れたコーヒーを飲んで、三俣岳・双六岳へと移動しました。
Commented by budounosizuku at 2018-08-08 20:52
信さん、こんにちは(^^)
鷲羽岳、ホントによかったです! いつまでも居れますよね。
ずっと一緒だったおじちゃん5人組が、「こんな素晴らしいとこに連れて来てくれて、ありがとう」 って何回も言ってましたよ。
もう少し近ければいいのに、って思いますよね。

<< 北アルプス9 鏡平山荘へ1 北アルプス7 三俣山荘へ1 >>